ニュース一覧

トランシーバーの選び方

無線機

利用する場所の通信距離

無線機はレンタルできますが、種類が豊富で利用する場所からの通信距離や用途別に機種を選ぶことができます。無線機は、種類によって通信距離が異なっています。レンタルする場合は、どの程度の通信距離を必要とするのかご確認ください。無線機の通信距離が100〜300mと短い場合は、小電力のトランシーバーでも間に合いそうです。安価なレンタル価格ですぐに使うことができます。通信距離が短いほど、レンタルの費用は安くなります。小電力トランシーバーの用途としては、アウトドアやスポーツなどをする際に使われています。小電力トランシーバーの上の機種は、デジタル簡易無線機です。デジタル簡易無線機は免許不要で、個人・法人問わず利用することができます。通信距離は、小電力のトランシーバーに比べて1000〜3000mと長くなります。各種イベントを行う際やビジネス目的でレンタルされています。IP無線機になると、さらにその上をゆく機種です。利用できる範囲は日本全国となり、広範囲でご利用になれます。免許や登録の申請が必要になりますが、レンタルを利用すると一切の手続きをレンタル会社に代行してもらえます。免許を更新する際にも更新手続きが必要になりますが、レンタルを利用する場合は、更新の手続きも代行してもらえます。面倒な手続きを自分で行う必要がありません。無線機が故障したら取り替えてもらえますし、無線機の利用をやめる場合なども、簡単な手続きですみます。